左利きは専用道具の夢を見るか 番外編

| カテゴリ: | | コメント(1) | トラックバック(0)
前回で左利き特集が最後と言ったな

あれはウソだ

色々情報集めて買った左利きグッズを紹介するよ
この時期に市販品の紹介するのはちょっと気が引けるけど当サイトはキングソフトとは一切関係ありません



あと、NCブログが見れなくなったからリネ2公式見に行ったらすごい見辛くなってたw
N Magazineで連載してたHeroesってもう更新しないのかな?
ちょっと前まで出てたComingSoonが全部消えてる




そんなわけでグッズの紹介です
左利きに特化した本というのはあまり数が出てなくて、2000年以降に出版されたのだと5,6冊ぐらいしかありません
2000年以降にこだわったのは、あまり古い本だと右至上主義になってそうなので見送ったっ!!



いっそのこと全部買ってみるかとも思ったけど、愛知県図書館で蔵書検索したら全部あったので、
そこで一度全部目を通してみました






その結果、最初に購入したのがこちらの本
高島屋の上のでかい本屋で買いました
IMGP3832.jpg

この本の著者は八田武志氏という名古屋大学名誉教授だそうで専門は神経心理学だそうです


IMGP3833.jpg

目次はこんな感じ
下の重しに使ってるのは買って一週間ほどで完全に動かなくなったAcerのICONIA TAB A700
資料整理に良いかなと思ったけど買うんじゃなかった
Acerのサポートにメール送ったけど一週間経っても返事無しでホント買うんじゃなかった






IMGP3835.jpg
こちらは本の中身
大学教授が書いてるだけあって大学で使う教科書っぽい感じです

このページは日本における利き手を性別で調べた件で、右上の%を見ると女性の右利き矯正が強烈であった事が分かります

アマゾンのこの本の紹介ページを見るとなんか噂話ばかり書かれているような感じだけど、
それらにすべてこのようなデータが示されているのですごく参考になります

特に第8章 左利きの矯正はよいことなのかで、19世紀末から1920年までイギリスで行われた「両利き運動」を発端とした
きき手に関する話は左利きの人はもちろん、右利きの人や左利きの家族のいる人にも是非読んで欲しい内容です


簡単に内容を説明すると、19世紀末辺りはどの国も大なり小なり戦争をしていた時代なんだけど、
この頃にイギリスで人間は右、左利きではなく両利きになるべきだという運動が起きたそうです

両利きになれば例えば戦地で片手を負傷してももう片方の手で戦えるという事で
一時期とても流行ったんだけど1920年あたりで完全にその運動は廃れたそうです

理由として兵士が両手とも使える様になるのに途方も無い訓練時間がかかるのと
仮に両手を使えるようになってもその人 本来の利き手には決して勝らないという研究結果が得られた為でした

その後、両利き思想から利き手を変えるべきではないという思想にシフトしていき、今に至るそうです
次に紹介する本もイギリス在住の人だし、もしかしたらイギリスは左利きにとって快適に暮らせる国なのかもしれない
もっと詳しいことを知りたくなったらこの本を読んでみてね







お次はその辺のお店で売ってなかったのでアマゾンでまとめて買った奴です
IMGP3840.jpg

左からDS用ソフトのユーキャン ペン字トレーニングDS、エジソンのお箸II(左手用) 、左利きの子という本です




IMGP3841.jpg

こちらは左利きの箸の持ち方を練習できる奴です
プラスチック製の箸にゴムのワッカと突起が付いててサポートしてくれます





IMGP3845.jpg

こちらが持ってみた様子
素手だと普通にワッカに指が入るんだけど、この軍手の布地が4mmぐらいあるのでちょっと入りません

何より箸が短すぎてこれで練習するにはちょっときついかもしれない
もう少し長い箸じゃないと大人の人は大変かも
せめてこの箸の倍ぐらいの長さは欲しいところです
でも動きに慣れるという意味でなら良いのかな?






IMGP3849.jpg

お次はこちら、イギリス在住のローレン・ミルソム著の左利きの子という本です
こちらはアマゾンの商品ページで数ページだけ試し読みが出来ます

アマゾンより左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために




裏表紙はこんな感じ
IMGP3852.jpg
世間一般の左利きのイメージとはかけ離れてるかもしれないけど、左利きから見た世界なんてこんなモンですよ。。。( -_-)


それはさておき、この本の著者も左利きで世界初の左利き専門店や実際に左利きの子を育てた経験があるためか
左利きの子供が右利き社会で直面するであろう問題についてかなり詳細に書かれています

最初に紹介した利き手大研究が歴史的資料の集大成で、こちらの本は左利きの子と生きる為の育児本みたいな感じです





それで私がこの本を推奨する理由がこちら↓
IMGP3853.jpg
左利きの文字の書き方についての特集が20ページ近くもある事っ!!
これはすばらしいですっ!!

この写真は駄目な書き方一覧で左利きの特徴である猫手書きも、良くない例として紹介されてます
この他にもアルファベットやひらがなの書き方とかも詳しく載っていて参考になります

私もこの本を参考に左に筆を戻してる最中です
この本はかなりオススメですよ






最後はこちら
IMGP3856.jpg
ニッセンのペン字トレーニングです

DSでは美文字トレーニングっていうソフトもあるんだけど、こっちを選んだ理由は
付属しているペンに左利き用の持ち方がマーキングしてある点です

このペンの青い印の所に親指とか人差し指とか書いてあってそこに合わせるだけで正しい持ち方になるという工夫がしてあります





そんなわけで持ってみるとこんな感じ↓
IMGP3859.jpg
軍手はめてるとちょっと短く見えるけど、普通に持てる感じです
ペンの部分も微妙な三角形になっているので持ちやすい感じです


このソフトは文字を練習するモードと簡易的な文字の美しさを測定してくれるモードがあるので早速やってみました




IMGP3866.jpg
利き手も設定できるので左手にしてみました



IMGP3868.jpg
そしたらなんか逆さまになった
DS本体をひっくり返して使うみたいです



IMGP3879.jpg
テストの内容は簡単でランダムで提示される文字を書くというものです
そして文字を書いたら添削をしてくれます
初めてまじめに左手で書いてみたけど意外といけるかも



IMGP3880.jpg
IMGP3881.jpg



IMGP3882.jpg
初めて書いた割には意外といけてるんじゃなかろうか。。。

でもさすがに68点で終わらせるのはちょっとアレなので長年使い続けた右手でも測定してみました







一応断っておくとオチを作るつもりとかはなくて本人はいたってマジメにやりました







その結果↓
IMGP3887.jpg

0001.jpg

まぁ左手でも文字が書けるようにがんばりますっ!!



本当のオチ↓

随分前にクラチャかなんかで言ってたゴキブリを擬人化したごきちゃ!がついにアニメ化となりました

一話無料で2話が有料だったんだけど。。。

gogi.jpg

100円だから買っちゃったっ!!
なんかフラッシュアニメっぽいけどそこそこ面白かったです
3話はまだかっ!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://licel.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/570

コメント(1)

天才は両利きが多いって聞くよねw
ところで・・・・
リネ公式元に戻して欲しいな~~~
めっちゃ使いにくい・・・・
鯖別掲示板ないし、QA無いし、インフォ見にくいし、ニュースがどこだかわからんし、イベント見づらいしetc
まじ萎えるっ(>_ 現在はイースのアモからの苦情でした

コメントする

この記事について

このページは、
licelが2012年9月19日 02:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は
左利きは専用道具の夢を見るか その4」です。

次のブログ記事は
HEROES 第118話」です。

最近のコンテンツは
インデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

最近のコメント

  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • ななみん: 興味深く拝見させ 続き
  • nana: 花火ってカメラの 続き

licelのつぶやき

licelの気になる水槽情報

Powered by Movable Type 5.02