原作厨

| カテゴリ: | コメント(2) | トラックバック(0)

Fate劇場版BDを鑑賞したLicelさん・・・「UBWって叫んだ方がかっこいいじゃん元のゲームはやった事無いけど原作厨キモッ」

SAOII23話を鑑賞したLicelさん・・・「何で原作の大事な所カットするのおおおおおおおおおおおおっ!!」


今回の日記は大体こんな感じ



それで何が納得いってないかと言うと23話の説得シーンは本来こういう流れなのです↓


アスナママは結婚してから結城家の親戚連中から田舎出身の事でバカにされ続けた(カット)

その為家庭を顧みず研究に没頭しキャリア主義になる(カット)

そんな中祖父母が他界するもアスナママはバカにされた原因の実家を売り払い取り壊される(カット)

つまり現実世界ではもうあの景色を見ることが出来ない(カット)

23話のアスナの説得により祖父母はアスナママの事を誇りに思っていた事(放送)
それに気づかずかけがえの無い物を自ら手放していた事(カット)
そしてもう二度と手に入らない景色が今目の前に広がっている事に対して感極まって泣いてしまう(放送?)



23話のBパートは本来こういう流れだったはずなんだけどこの前半部分が丸ごとカットされてるから唐突になったのが残念
だってアニメだけの情報だと宮城に帰省すればよくね?になっちゃうしね

上で書いたカットされた部分っていうのは本来アスナとアスナママが衝突するたびに回想みたいな感じで流れたんだけど
中途半端にカットされ続けて大丈夫かなぁと思ってたら案の定の結果ですよ

もうちょっと丁寧にやって欲しかったなぁというのが正直なところ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://licel.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/730

コメント(2)

小説未読組としてはニコニコのコメントで補完されてたからかも知らんけど,そんなに違和感なかったな。
むしろ,祖父母の話を聞かされて,そこでずっと気になってた(遠ざけてきた)実家と両親に対する気持ちがあふれてきたから涙が出たんだと思った。

確かに,娘の考えを許すことにしたのはなんでなのかはよーわからんまま(明示されてないような気がする)だったけど
その辺はきちんと向き合ってくれたアスナとかアスナの本気度とかアスナの世界を見て考えを少し修正したのかな程度でした。

コメントする

この記事について

このページは、
licelが2014年12月15日 11:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は
23話 夢の始まり」です。

次のブログ記事は
雪の底の名古屋」です。

最近のコンテンツは
インデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

最近のコメント

  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • ななみん: 興味深く拝見させ 続き
  • nana: 花火ってカメラの 続き

licelのつぶやき

licelの気になる水槽情報

Powered by Movable Type 5.02