licel: 2013年5月アーカイブ


そんなわけで前回の続きです
トロッコ電車を楽しんだ私達はTVで出てた嵐山のお寺に向かいます

01.jpg

ここは渡月橋に繋がる道路でこの通りは色んなお店が並んでて観光客にも人気ポイントっぽいです

CP715没写真集

| カテゴリ: | | コメント(4) | トラックバック(0)

昔書いた自作PCにコメントがあったので没にしてた写真を載せます
自作の参考になれば幸いです
基本的に見せる為に撮った写真じゃないのでごちゃごちゃしてて分かり辛いかもしれません

ちなみにCP715は今も使っていてなかなかオススメなケースです


060.JPG

これはH60のファンを取り付けた様子
もともとここにはabeeオリジナルのファンが付いてるんだけどカタカタうるさいので捨てました
たぶんコレ

先週の土曜日に三重テレビでやってた極上の京都という番組を見てたら、京都の嵐山のお寺を紹介してたんです
高台から嵐山一帯を一望している風景がすごく綺麗だったので。。。


01.jpg

実際に行ってみたっ!!


また動画作りました
やっぱりこういうのは動画が分かりやすくていいね

でも一眼カメラの動画撮影モードだと対象の色がおかしくなってしまうのが悩みどころ


001.jpg
そんなわけでドイツからこんなの買ってみました
海水水槽でよく使われる水中ポンプでTunzeの6095とMulticontroller7096です

私の水槽は今までハイドールのコラリア2 1つとコラリア3を3つ付けてたんだけど
正直かなり弱い水流しか出来ないのが悩みのタネだったのです

Youtubeなんかで海外の水槽を見まくってたら向こうでは水面がバシャバシャするぐらい水流が強いのです











これらの水槽は全てZeoVitと呼ばれるシステムで飼育されてる水槽になります
ZeoVitというのは専用のゼオライトという鉱石と専用の添加剤を使ってサンゴを色鮮やかにする方式で、
海水水槽コンテストとかで上位を総なめにするほど効果は実証されています

でもこのシステムは現段階では最高難易度を誇るシステムでもあって、添加剤だけでも5~10種類以上、
これらの添加剤を毎日数滴添加しなければならず、分量を間違えると水槽が崩壊するという恐ろしいシステムなのです

要は上級者向けのシステムなんだけど、このZeoVit水槽で使われている水中ポンプがこのTunzeの出してる奴なのです
ちょっと前まではEcoTechが出してたMPシリーズが有名だったんだけど、MPシリーズは故障率が高いという事で
最近ではTunzeの水中ポンプが主流らしいです
そんなわけでTunzeのポンプを買ってみましたっ!!




01.jpg
送料も入れるとトータルで493,26ユーロになりました
今は円安傾向の影響で1ユーロ=130円ぐらいなので64,123円ぐらいになります
また円高にならないかなぁ


01.jpg
ポンプの中身はこんな感じ
若干組み立て式になってます


01.jpg
こちらが電源
DC式になっていて左の白いのはヒューズセットになってます


01.jpg
電圧は100~240Vまで広く対応しています
日本は基本的に100Vだけどこれは世界的に見れば一番低く、基本的には220~240Vが主流になっているので
海外の電化製品を購入する際にはまずここをチェックしないといけません

一応110Vまでなら日本でも動くらしいけど、200V以上だとアップトランスと呼ばれる昇圧器で電圧を変更しないといけません
さらに安定させたいなら使用する機器の消費電力の三倍の容量を持つアップトランスが必要になるのでかなりめんどくさい事になります

ただ、家にあるブレーカーの種類によっては日本でも200Vの電気機器が使えるらしいです
気になって調べてみたらうちにあったのは単三Sブレーカーという奴だったんだけど、これだと分配器までは200Vが来てるみたい

01.jpg
↑うちの超年季の入ったブレーカー

でも配線してないので電気屋さんに頼まないと結局無理らしい(´・ω・`)




01.jpg
こちらが交換可能なヒューズ
これを容量の大きいのと交換する事によって出力をアップする事が出来ます

なんでこんなのが付いているのかというと、実は1年ほど前に海外のどっかの研究所が海水水槽で使われている
造波ポンプの流量を調べたところ、Tunzeの製品だけ公表値の半分程度しか流量が出てない事が発覚し、
その対策としてこのヒューズが付属される事になったのです

reef buildersよりPropeller pump study reveals big differences between flow ratings and actual output

上記のサイトに色々書いてあるんだけど重要なのは以下のグラフ↓

propeller-pump-rating-output.jpg

このグラフは青いのがそのポンプの性能としてメーカーが公表している値で、緑が実際の調査で判明した流量の値です
EcotechやHydorは一応公表値と一致してるんだけどTunzeだけ半分にも満たしてないのがわかります

これが発覚してからTunzeは対応の造波ポンプにはこんなヒューズを付ける様になったみたい

reef buildersよりTunze Stream 6105 fix now available from Tunze, 24v jumper ups the flow to 3300gph


ちゃんと対応してくれるのは偉いね




01.jpg
あと海外製品を買う時にもう一つ気をつけないといけないのがコンセント
日本はAプラグと呼ばれるコンセントなんだけど、今回のドイツはCプラグという形式なのでそのままだと使えません

そんな時に使うのが右においてある変換プラグ
コレを使えば簡単にプラグ形式を変更する事が出来ます
大き目の電気店とかアマゾンで売ってます




01.jpg
お次はポンプの組み立てだっ!!
ポンプの土台部分はバラバラになってるので組み立てる必要があります
でも基本的に差し込むだけだからすごい簡単だよ

ただし左に置いてある磁石と真ん中あたりに置いてあるサイコロの5みたいな奴をくっ付けちゃうと
外すのがめちゃくちゃ大変なので気をつけてねっ!!


01.jpg
サイコロの5みたいなやつに青い柱を四つ差し込んで、Cみたいな形の止め具を差し込めば完成です
1分も経たずに完成だっ


01.jpg
あとは土台にポンプ本体をくっつけます
このポンプはC型のパーツで挟み込む感じなのでクルクル回す事もできます


01.jpg
これでほぼ完成なんだけどこのポンプは太い水流を出す為に開口部がかなり広く作られています
魚は水流があればほぼ入る事はないんだけど、貝類は外壁を伝って中に入る事もあるのでネットを付けた方が無難です


01.jpg
これが完成状態
コラリア3の大体3分の2ぐらいの大きさなのでそんなに場所も取りません
お次は電源を繋げます


01.jpg
といってもこの黒いボックス状の所にDCプラグを差し込むだけの簡単なお仕事です


01.jpg
これで終わり。。。といいたいところだけど、この黒いボックスがものすごいチャチな作りになっていて
たぶん海水がかかったら一発で壊れそうだから配置に気をつけないといけません

さらにこのDCプラグがものすごい緩いので軽く引っ張るだけで抜けてしまいます


01.jpg
軽く引っ張るというか触るだけで抜けちゃうのです
普通DCプラグの先端はちょっと太くなっていたり、凹みが付いてて簡単には抜けないようになっているんだけど
この製品にはそれが無いので抜けやすい気がする

ここが抜けやすいのは正直かなり危ないのでそのうち改造するかもしれない




01.jpg
お次はコントローラだっ!!
でももう日記書くのに疲れちゃったから内容品だけの紹介だっ!!


01.jpg
内容品はこんな感じ
パソコンと繋ぐ為のUSBケーブルや水中ポンプと繋ぐ為の太いケーブルが4本と本体が入ってます

本体の説明はまた今度だっ!!



001.jpg

きたっ!!
ジャーマニからの使者来たっ!!

意外と早かった
今licelさんはウキウキしながら中の物を水槽に設置してるので続きはまた今度になります

AB型はオチ担当

| カテゴリ: | | コメント(0) | トラックバック(0)
やっとAB型女子が出てきたと思ったら相変わらず扱いが酷かった



この手の奴だと大概オチに使われるAB型だけど何て書かれてるか気になっちゃって
ついつい覗いてしまう不思議

アーカイブについて


このページには、licel2013年5月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブは
licel: 2013年4月です。

次のアーカイブは
licel: 2013年6月です。

最近のコンテンツは
インデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

最近のコメント

  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • ななみん: 興味深く拝見させ 続き
  • nana: 花火ってカメラの 続き

licelのつぶやき

licelの気になる水槽情報

Powered by Movable Type 5.02