模型日記のブログ記事

萌えプラ作ったっ

| カテゴリ: | コメント(2) | トラックバック(0)

ハセガワからまた新しくバーチャロンのプラモデルが出たので買ってきたっ 

01.JPG

写真の右のが新しいプラモデルなんだけど、左のヤツも売ってたからついでに買ってきたっ

大須のジョーシンに買いに行ったんだけど、アイマスの戦闘機と一緒に
萌えプラコーナーっていうのが新設してあって、すごい買いづらかったw 

02.JPG

バーチャロンの方はガラヤカというキャラでフォースから追加されたキャラっぽいです。

オラタンまでしかやった事が無かったのでこのキャラは全然知らなかったんだけど、
なんか、ヤガランテのパワーがマックスになるとこの幼女に変身するみたいです。

深く考えたら負けです。 

03.JPG

こちらはコトブキヤのホイホイさん。

コトブキヤらしくパーツがたくさんあります。

その中でも一番目を引いたのがコレ↓ 

04.JPG

 

05.JPG

なんと顔とスカートにはもう塗装されていているのです

これだと普通に組み立てるだけでも結構かっこよくなりそうです。 

 

 

 


06.JPG

そんなわけで早速ガラヤカから作ってみました。

ハセガワは基本的に塗装前提のプラモなので、組み立てただけだとちょっと物足りない感じだけど、
完成度としてはかなり良い感じです。

 

07.JPG

前面の服を取り替えると座りポーズも出来ます。

武器で爆弾が付いているんだけど爆弾設置キャラなのかな。 

 

08.JPG

もう一つの武器として大きな羽付のスティッキもあります。

肩が結構簡単にもげるのでこれを持ったまま立たせるにはちょっと改造が必要になるかも。

模型誌とかの作例だとハセガワの塗料を使って羽部分をより幻想的にしています。
ただ、その塗料が発売されるのはかなり先の話しみたい。

同時発売にすれば一緒に買って行く人も多いと思うのに、相変わらず商売が下手だのうw 

 

 

 

 

 

09.JPG

お次はホイホイさんです。 

10.JPG

なんと最近出たガンダムもびっくりの1/1サイズですっ

11.JPG

このキャラは全然知らなかったんだけど、説明書によると害虫駆除ロボットらしいです。

それと左のホイホイさんのイラストって何かに似てる気がするんだけど何だろう

組み立ててる時すごい気になったw 

12.JPG

そんなわけでホイホイさんも組み立てたよっ

あれ何か可愛い。。。

組み立てただけでこれだけ可愛くなるとは やるなっ

 

13.JPG

後姿はこんな感じ。

髪のボリュームもなかなか良い感じです。 

14.JPG

腕の保持力もすごくて、こんな大きめなトンカチでも片手で持てます。

すごいのう。 

15.JPG

他に付いてくる武器はこんな感じ。

左のビンはシールを貼ると蟲殺しという鈍器になります。

大きい銃は両手で持つんだけどいまいち構え方が分からなかったから諦めたw


 

16.JPG

髪の分割はこんな感じになってます。

ガレージキット並みの分割で再現度はかなり高くなっています。

サイドに流れる細い髪は可動式になってるのであまり邪魔にならないようになっています。

17.JPG

髪型は選択式でお下げタイプにする事も出来ます。

お下げの先っぽは単純なように見えて8パーツぐらいで構成されているので、
何処から見ても違和感が無いように出来て居ます。

なんという気合の入れ具合。

お値段的にはホイホイさんの方が高いんだけど、満足度で言えばホイホイさんの方が高そう。

なんといっても組み立てるだけでこれだけの物が出来るのはすごいね。

 

 

ようつべで検索したら出てきたホイホイ動画。
昔PS2とコミックにDVDが付いてたみたいでそれ関係みたい。

ホイホイさんOP

ホイホイさんアニメ


 

TS発表されたっ

| カテゴリ: | コメント(3) | トラックバック(0)

もう萌え萌えの道は萌えキングのあもさんと萌え神様のななちゃんが居るのであきらめました。

 

それはともかくついにバーチャロンのツインスティックが発表されたYO

HORI - Xbox 360(Xbox Live Arcade)『電脳戦機バーチャロン オラトリオ・タングラム ver.5.66』 専用コントローラ ツインスティックEX -

え〜っと。。。何々〜?

本 体 価 格 28,570円(税込価格30,000円)

さ、さんまんえん。。。

高い。。。

発 売 日2009年11月中旬予定
 
しかも発売は約半年後。。。
 
遅すぎる。。。
 

 

 

 

01.jpg

まぁ注文しちゃったけどねっ!!

3万円ごときで私のバーチャロン熱が消えると思ったら大間違いだっ

 

 

 

 

02.jpg

 ただいまプラモとは別にこんなのもやってます。

これが何かと言うとヒントはこちら

03.jpg

04.jpg

続くかわかんないけど次回をこうご期待あれっ!!

プラモ作るぞっ

| カテゴリ: | コメント(7) | トラックバック(0)

もうすぐバーチャロン関係のプラモが色々と発売予定で楽しみなんだけど、
うちのお兄様が今まで買ったプラモを作らないと新しいのを買いに連れてってあげないとか言い出しましたっ!!

とりあえず買う予定のものリスト↓

コトブキヤよりスペシネフ(たぶん今年の6月ごろ発売)
spebase6901_01.jpg
ちょっと大きめな画像なので要注意っ

ボークスよりバンドール(たぶん今年の7月ごろ発売)
main_color.jpg

コトブキヤよりバイパーII(たぶん今年の9月ごろ発売)
a11.jpg


line.jpg


今の段階でも欲しいものが3つあるのでいくつか作らないといけません。
そんなわけで色々作ってみたYO

最初は初代バーチャロンの主役機のテムジン。
01.jpg
最近のプラモは凄くて色を塗らなくてもここまで再現してくれます。
でもまだクリアパーツを付けてないのでちょっと地味ぎみです。

02.jpg
このウサギというか小動物の耳みたいなアンテナがチャームポイント。
バーチャロンシリーズでも特にお気に入りのキャラです。


line.jpg


お次はこちら。
03.jpg

これはなんかガンダムに出てくるキャラでシナンジュというらしいです。
まだバックパックとデカールが貼ってないのでちょっと地味目かも。

完成するとこんな感じになります。(あみぶろより拝借)
sina20.jpg
金の縁取りがかっこよさげです。
リネ2のナイトメア装備に似てるかも。

04.jpg


line.jpg


05.jpg
これはHGUCのケンプファーというロボです。
これも色を塗らなくてもここまで再現してくれます。
なんかわざわざ色を塗らなくても良いような気がしてきたw

line.jpg

06.jpg
お次はこちら。
00に出てきたロボで長距離射撃が得意なガデッサ。

巨大なランチャーとスタンド付です。
緑を基調とした感じでなかなかおしゃれな感じです。
あと4体位居たんだけど全部似たようなキャラで違いがよく分からなかったw

line.jpg

07.jpg
お次はなんかひとつ100円で売ってた特に本編では良いトコ無しのキュリオスと、
家族の敵を相打ちで倒して感動的なラストかと思ったら次回でそっくりな弟が出てきて台無しになったデュメナスです。

さすがにこれは値段相応というか色塗りしないとだめそう。
シール貼ってみたけどちょっと物足りない感じです。

プラモとは関係ないけど、本編の方でどうみても死んだキャラが何事も無く出てくると、
今後他のキャラが死んでも、どうせまた復活するんでしょ?と思って白けちゃうからやめて欲しいw

line.jpg

08.jpg
とりあえずただいま作ってるプラモでした。
コトブキヤのスペシネフが発売される前になんとしても完成させなければっ


line.jpg



おまけ
09.jpg
馬と一緒に狩してた時にめんどくさいから全部馬に拾わせてたら頭がおっきくなったでござる

なんだかんだでついに大型モニタ買ったYO。

01.jpg
これが今まで使ってた17インチモニタ
もう5年ぐらい使ってるかも

02.jpg
これが買ってきたW2753V-PF
あふぉみたいにでかいのう。。。
何度もサイズ測ったけどやっぱりこれぐらいが限界くさい。

03.jpg
PCと繋いで電源つけてみた。
あふぉみたいに明るくて目がぁ〜!になったけどドット欠けもなくて良い感じです。

04.jpg
HDMI端子にXBOXを繋いでみた。
これもすごい綺麗ですっ

05.jpg
よく分からなかった右上のレーダーもくっきりはっきり見えます。
超きれいだのう


line.jpg

液晶買う前にリネ2が1920x1080の解像度が無かったので対応してないのかなぁと思ったけど、
新しい液晶に変えたらちゃんと項目が増えて選択できました。

これがその様子。
07.jpg

06.jpg
すごい広範囲が見えるYO。
このパワーアップ振りはハンパないねっ!


line.jpg

あとはテレビが見れれば言う事無しなんだけど、もう残った端子はミニD-sub15ピン端子しかありません。
で、色々調べてみたんだけど、地デジ放送とかをこのミニD-sub15ピン端子っていうので見るのは無理くさいです。

地デジ放送っていうのは基本的に著作権保護のためにプロテクトがかけられていて、視聴する際にはHDCPっていうのに対応してるモニタじゃないとフル活用できないそうなんです。
で、このHDCPっていうのはDVIやHDMIのようなデジタル端子なら対応しているんだけど、
ミニD-sub15ピン端子は残念ながらアナログ端子だそうで、一応見れない事は無いけど、地デジの大半の放送が見れないみたいです。

なので地デジに対応したキャプチャボードを追加して、それで地デジを見ようかと思ってます。

とりあえず買おうと思っているのは価格コムで評判良かったコレ↓

PIX-DT090-PE0

2万円でちょっと高い気もするけど、これでHDDレコーダーもこなせると思うと安いのかな?


line.jpg

08.jpg
最近ご無沙汰だった安土城もここまで出来ました。
これは8号まで組み立てた様子です。

この間の人形を置いてみたらなんか柱とかが大きい感じ?

09.jpg
部屋の真ん中辺りにあるこれはフスマで開閉することも出来ます。
なので。。。

10.jpg
ガラッ「話は聞かせてもらったっ!人類は滅亡するっ!」ごっこも出来ます。

先週ぐらいにインターネットで申し込んだ定期購読の申込書がいまだに届かないのでこれ以上作れません。
いつになったら来るんだろうw

天守できたよ〜

| カテゴリ: | コメント(4) | トラックバック(0)

01.jpg
天守出来たっ
人がいないとさびしい気がしたので、80分の1スケールで有名な鉄道のHOスケールの人形を置いてみました。
お城は90分の1なので平均身長を170cmだとすると、80分の1で21.2mm、90分の1で18.8mmなので2mmぐらい大きいけど結構いい感じです。

02.jpg
全体像はこんな感じ。
下のガイアカラーのビンと比べてもすごい大きいです。
全部出来たら置く場所に困りそうw

03.jpg
内装はこんな感じです。
過去の日記で見つけた安土城を再現した物を参考にして、床と柱を黒漆で塗って写りこむぐらい磨き上げてます。

でもなぜか最新刊の8巻で天守閣内部の再現CGが掲載されてて。。。

04.jpg

床が黒じゃなかった。。。
こういうのは天守閣が完成する6巻ぐらいで掲載してほしかった。
でも黒のほうがかっこいいから良いもんねっ

ちなみにこの天守閣には瓦が付いてないんだけど、このパーツが来るのはだいぶ先の話だそうで、
ひとまず天守閣はこれ以上作ることが出来ません。

さ ら に

15巻以降は本屋には並ばず定期購読しないと買えなくなるそうで、瓦だけゲットして作る事はまず無理みたいです。
相変わらずあこぎな商売をしおって。。。。


line.jpg

05.jpg

そんなわけで次からは1階部分を作っていきます。
今回も床は特に塗装指定がないけど、このままだと真っ白で味気無いし、なによりせっかくの木製キットなのにこのままだと木目が見えないから、淡漆というので塗ってみました。

06.jpg

ぱっと見た目でも木目が見えるようになったっ?(^o^)/

07.jpg

ちょっと高級感が出た感じ?
この調子でがんばるぞっ!

天守閣半分出来たっ

| カテゴリ: | コメント(3) | トラックバック(0)

01.jpg

とりあえず天守閣が半分ぐらい出来ましたっ
室内は黒漆で塗って、外は透漆で塗ってみました。

透け漆には2種類あってどっちにしようかなぁと思ったけど、試し塗りしてみた結果これにしました。

02.jpg

淡透は前にアップした再現図によると、下っ端の居そうな下層で使われてたっぽいので、
1階部分の床はこれで塗ってみようかなと思ってます。

天守閣の残りもがんばるぞっ


line.jpg


ランキングに上がってた合唱のなごり雪がすごい良かったから個別に歌い手さんの歌聞いてみたら、この人の歌がすごいよかったっ

床は何色?

| カテゴリ: | コメント(2) | トラックバック(0)

01.jpg

天守閣を絶賛製作中なのですが、ちょっと悩み事があるのです。
その悩み事というのが上のパーツ。

これは天守閣の床のパーツなんですが、説明書によると特に塗装の指示は無く、
この白木状態のまま組み立てるようになっています。

ただそうすると天守閣の床が真っ白になってしまうのです。

02.jpg
↑説明書の完成予定図

う〜ん。。。
ちょっとちゃちいというか、なんか安っぽい感じ?

昔、京都でながーい厚紙を蛇腹みたいに折り重ねた台帳に、お寺を訪問したらスタンプを押すって言うのをやった事があるんだけど、
どこのお寺もこんな真っ白な木じゃなくて茶褐色というか濃い茶色っぽい感じだったのね。

このシリーズではパーツの他に毎回お城に関係する読み物も付いてくるんだけど。。。

03.jpg
↑松江城天守最上階の様子

04.jpg
↑広島城再現図

う〜ん。。。
松江城はまさに日本古来の建物って感じの色です。
広島城も右下の方は白木っぽいけど、天守に近付くにつれ木材の色は濃くなっていきます。

私はあんまりお城については詳しくないけど、やっぱり安土城の天守が真っ白っていうのはちょっと変な気がします。

そんなわけで色々とぐぐってみたっ

new安土城
滋賀県安土城考古博物館

上は資料に基づいた安土城の復元模型で、下は資料館にある模型についての意見です。
推定部分も含んだ再現模型だそうで、実際とは違う部分もあるそうですが、
少なくとも白木のむき出し状態では無いみたい。

そんなわけで色々とアレンジできそうな部分でもありそうなので、ちょっと色々いじってみようかと思ってますっ
こう御期待あれっ

アーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち
模型日記カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは
左利きです。

最近のコンテンツは
インデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のブログ記事

最近のコメント

  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • 愛留: こんばんはー ヒ 続き
  • ななみん: 興味深く拝見させ 続き
  • nana: 花火ってカメラの 続き

licelのつぶやき

licelの気になる水槽情報

Powered by Movable Type 5.02